Have less Do more Be more

生きることは選択することだと思う。今の自分に何が大切か自覚していたい。常に世界に恋してたい

南スーダン(紛争地)のルバイさんのお話 / 利益主義者によって起こされる紛争の現実 に目を向ける

少し前に 日本紛争予防センター(JCCP)のイベントに参加しました
その聴講記録と ホテル・ルワンダ(映画)の感想をたたき台にして、民族対立に対する今の考えをまとめました

 

■聴講記録
2017.10月  「現地の今と未来を語る」
瀬谷ルミ子さん と ルバイ・ティングワさん(JCCP南スーダン人スタッフ)の対談

 

南スーダンは、2011年の独立後、2013年に大きな衝突(124万人が家を追われ、717万人の国内避難民)、2016年に首都ジュバで衝突があった国です。当日は現地の状況や活動内容を講演されていました

 

 そのなかで考えさせられた言葉たち

「次に来るときには美しい南スーダンをお見せしたい」(ルバイさん)

「たぶん25か26歳です」(幼少期に保護された青年 / 年齢を聞かれての答え)

南スーダン報道規制が強いのでルバイの答えには制限がある」(瀬谷さん / 聴講者からの問い "アフリカの平和のためには何が必要だと思われますか" に対する前置き)

「政府に頼らない組織になれたらよいのですが、日本では今は難しい」(瀬谷さん)

 

 

また、講演を聞いていて 自分は概況すらも知らないことを痛感しました
(こんな意識の低さで 仕事として選ぶことは 失礼になると自覚させられた瞬間でした)


2014年末時点で、世界中で5950万人が紛争等で移動を強いられていて、内訳は以下
1950万人:他国に逃れた難民 、3820万人:国内避難民 、180万人:庇護希望者

今日時点でUNHCRのWebサイトいわく 避難民は「6560万人を超えた」

 

 

ホテル・ルワンダ(映画)の感想

対談イベントの前週に、ルワンダ大虐殺の 実話に基づいた映画を見ました

 

大国が 利益を目的として 民族主義を煽って(対立する文化を生み出して)結果として、衝突、紛争や虐殺が起きることが多い

大国は遠くでそれを見ているだけで、泥臭い部分は現地の民族たちがすべて被る

 

と わかっていたつもりだったけれど、映像として見た「泥臭い部分」は、持っていたイメージを遥かに超えていた

 

こういう虐殺や武力衝突は何度も起きているのに、利権のために各地で火種を蒔き続けるひとたちの根性が本当に分からない

自益のために 簡単に他国のひとたちを消耗させる態度は 奴隷制度と なんら変わらない。むしろ ひどいかもしれない

 


「知ったところで、何もできない、無力感がつらいから見たくない」と思っていたけれど

今は "権力を持った想像力のない利益主義者" の思惑通りに動く人間 が、ひとりずつ減ることが大事で、むしろ それしか方法がないと思っています

だから知ることは 無駄ではなく とても大事だと思います


誰が黒幕かを 見極めるためにも、自分が非道なことに無意識に加担しないためにも

 

 


映画、観て欲しいです

純粋に映画としての完成度も高い(Yahoo!映画で4.29 レビュー2000件超え)ので 普通の映画として
https://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80/323478/

 

 

 

 

余談

 

JCCPは尊敬する組織ながら、Webサイトの会長挨拶の ”「国際協調主義に基づく積極的平和主義」を掲げた「国家安全保障政策」が発表されました” という文言だけは いや

「積極的平和」という言葉はガルトゥング先生が停戦の次のステージとしての和解の状態を指した言葉で、「停戦(殲滅)のために武力でガシガシ日本も頑張ります」という姿勢とは相反している

特定NPOだからこういう文面を載せるのかな。としたら政府からの支援金以上の支援は到底できない(年間で2万4千円の寄付)一般市民の自分は、文句が言いづらいなと考えさせられました

 

また、アメリカでは良いNGOはそのへんの一般企業より給与が高く、いい人材が集まる。寄付が集まるからでしょうね。お国としては 「悪い大国」の代表でサイテーだと思っているけれど、国民の個性の触れ幅が大きくて 行動を起こせる人が多くいることは素敵


このイベントは内容はとても良かったし無料だから文句は言えないけれど、プロジェクターと音響の操作が素人(講演中に大音量でインタビュー映像流したり、スライドに戻せなかったり) で、人がいない or 教育にリソース割けない現状を感じてさみしくなりました

171003 枝野さんの街宣を聞いて考えたこと / 茶色の朝

2017/10/02に結成された立憲民進党の代表、枝野さんが 有楽町駅前で街宣をすると知り、聞いてきました。
f:id:a96:20171004110615j:image

いつも選挙のときは、街宣車うるさい~駅前で声張りあげないで~~程度にしか聞いていなかったけれど

世界が右傾化している(イギリスのEU脱退、トランプさん、ドイツの第2党)し、日本も法律が正しくないプロセスで変更され恐ろしい方向に進んでいるし、ちょっとこれは 何もしなかったら絶対後悔すると焦りを感じるので アンテナを張るようになりました

 

政治に関心を持たずに過ごしてきた24歳が、初めてちゃんと聞くし、枝野さんのこれまでの功績もほとんど知らずにいるので、

もしかすると容易に感動してしまったかもしれない。また別の政党のお話も聞きに行こうと思います。

 

 

■心に留まった内容

 

格差が拡がれば分断が起こる
政治が分断を煽る そんなことでよいのか

 

なるべくみんなが納得するように話し合うことが民主主義
選挙で選ばれたひとが多数決で決める 多数決で勝てれば勝手に決めていいという今の風潮は本来の民主主義ではない

 

保守とリベラルは対立しないと思っている
隣国といい関係を築いていた/世界が羨んでいた日本を壊すことは保守なのか?

 

わたしはリベラルであり保守である。よき日本、安心して暮らせた 格差の少なかった 戦争をせずにいた 豊かな 立憲主義という言葉を忘れても困ることなく生活できた日本、を取り戻す保守である 

 

この感覚はサイレントマジョリティなのではないか。そういった意見を持つ日とのための政党が必要だと信じ、作った。

 

 

■思うこと 考えたこ

 

戦後 みんなが三種の神器 3Cを持てた 格差の少ない時代は、みんなが全てを失って全員同じスタートに置かれていたからであり、時間が経つにつれ、自然と格差は拡がったと思う

だから安倍政権が壊した!とは思わないけど 、少なからず安倍政権(小泉政権)はその方向に推し進めていると思う。

 

ガルトゥング先生が言うに、格差は、

不公平(あなたはたくさん持っている わたしは少ししか持っていない という単なる違い)の問題ではなく、

不衡平(あなたがたくさん持ってるから わたしは少ししか持てない という相関がある)の問題であるらしい。

 

 一部の貧困は 全体の貧困に関わるから どこかで是正しなければならない問題であることは確か

 

枝野さんが 演説の内容を 心から思っていて、それを実行・実効する力があるならば 応援したいと感じる街宣でした

 


f:id:a96:20171004111318j:image

 

夜、姉の家でこの本(茶色の朝)を読んで、政治に関心を持ってよかったと思いました。間に合っていると良いんだけど

 

10分で読める(何度も考えながら読みたいけど)ので、見つけたら立ち読みしてみて欲しいです

人生はdo,do,do! 人生はcan,can,can!

世界の紛争や虐殺、子どもの貧困、戦争に積極的に参入しようとする日本、難民問題、原子力発電、等々の社会ニュースを目にするたびに 「見たくない」と感じてしまうのは

無意識に「自分には何もできない」と 無力な自分を感じて苦しくなる、あるいはそれを避けるために目を逸らすのだということに気付いた

 

 

それらは、見て見ぬふりをする (そして毎日10時間ほど使って経済を回し 疲れた頭と身体で 大量生産された娯楽を消費して過ごす) には 気にかかりすぎるので、一度向き合うことにしました。もしかしたら みんな そういう苦しみと向き合い きちんと知った上で 自分の仕事をしているのかもしれない。でも、わたしはあまりに知らない

 

 

今まで目を逸らしてきたニュースも、自分が何か関わろうとすると 知りたくなる

もちろん楽しい気持ちで見るわけではないけれど、どうして?どうしたら?と 頭が動く。思考停止しなくなる。

 

 

作詞作曲つんくさんの、ヤッタルチャンを聴いて 元気を出しています

ハロー!プロジェクトは偉大(ドルヲタ)

 

 

 

追伸:

話を聞いてくださった会社の先輩と

「何の力をつけたいの?笑」と突き付けてくれた恋人に感謝を込めて

溜めないことの効果 / 早々にやると決めた方がラク

最近、洗濯を隔日以上の頻度でしている

ぜんぜん溜まってないから、もう少しそのままで使えると思われるもの (3日前に洗った枕カバーとか ちょっと使ったキッチンの手ぬぐいとか) もガンガン洗う

清潔になる

 

どれだけ入れても 洗濯バサミやハンガーに余裕があるし スカスカに干せる

 

起きがけに鼻血出してシーツやベッドパッドがやられたら すぐ洗わなくちゃいけないけど(よくある)、それで後回しにされた洗濯物で困ることもない

 

使おうと思ったのに そういや洗ってない!ということもない

 

 

そろそろやらなきゃ、と頭のどこかで考えていることはとてもストレスで 消耗する

 

やる?、やらない、やる?、やらない、やる?、やらない、やる?、やらない、やる?って言い続けてるみたいな

やる?やる。

ってスパッと終わらせる方が、やる回数が増えたとしても たぶん楽。

 

行動の頻度が高くなることは一見面倒に見えるけれど、身体を動かすことによって、思考のための使用メモリを減らせるみたい

 

自覚的に身体や頭を働かすことは 自己満足につながるけど、無自覚に頭が働かされていることは、モヤモヤや疲れにつながる気がする

 

仕事もそう。不景気で利益が出にくいから たくさんやるしかない。だから「やる?」が無限に来る気がして、「やらない」を選びがち。だけど さっさとやった方が疲れないんだろうなと気づいた

 

やらない人の方が仕事の総量は少ない(できませんでした で流れて終わる) ことに対して、なんかずるい/やるのが馬鹿馬鹿しい、と思っていたけれど、やらない方がストレスが多いなら、わたしは仕事を多くやってもストレスフリーな方がいいな。

 

極限まで「やらない」を選択を続ける(やる?、やらない、やる?、やらない をマックスまで繰り返した末に、ヤバい段になって 「・・・やる」って決める)から 最近 やたら疲れてるのかもしれない。しかも捗っていない。笑

 

誰かと比べて どうこうじゃなくて、やった場合の自分と やらなかった場合の自分の比較で やるかやらないか決めていきたい

自分で決める 自分の中に軸があるって、そういうことかもしれない

 

 

自由な状態 と 自由になる方法

 

自由とは、依存していないことだと思う

依存しないためには、自分が強くなくてはいけない。精神的に、 能力的に、その結果として経済的にも

 

何かを前提にしている時点で自由ではない

 

最近CDや古いノートをクラウド化してガンガン捨てているけれど 、電波が通じるところで生活することを前提としているなと思う

 

大学3年の冬に就職活動をしたけれど、その前から 企業に入社する前提で学生生活をしてきた

 

 

不自由なほうがいいこともある。新社会人として、 会社に入って正解だったと今も思うし、 ほかに方法がないと考えると良い意味で諦めがついて集中出来たり する

( 素晴らしい職人さんに代々引き継いでいるタイプが多くいるのは、 この「やるしかない」パワーも大きいと思う)

 

素敵な人たちのお膳立てによって作られた環境であれば、 結果的にそれがベストだったということもあるし

選択肢が増えすぎると 精神的満足度が下がるという研究結果もある

 

 

短期的なことは、 誰かのリコメンドや世間のフツウに従ってもいい

ただ、長期的なこと・とても重要なこと・ 本質的なことに関しては まっさらに自由でありたい。その上で、自分は時間や気持ちや労力を何に対して差し出すのか、 何に依存したいのか自覚したい

 

日本語しか話せないから日本にいる

日本が好きだから日本にいる

外から見える状況は同じでも、 全然違う

自由かどうかは結果ではなくて気持ちや思考過程の問題で、でもそれこそがすべての源だと思う

 

 

今、自分は何かいやなものに依存しているわけではないけれど、

今の状況が自分の選択だと自信を持つためにも、いったんフラットに・自分を軸に・一段階 強くなりたい時期

自分にとって何が大切か自覚していたい

 

ここ1か月、大きな決断の可能性を含んでいろいろシミュレーションしたけれど
自分が時間と気力と体力とお金を使っている様々に対して、辞めたらどうなるかシミュレーションをしておくことはとてもよいことだったと思う
 


仕事 / 恋人との付き合い / 友達(一人ひとり)との付き合い / スマホ所持 / ネット / 衝動買い / 旅行 / 電話 / カフェ  など。

(家族は全く想像がつかないので例外)
 


結果的に辞めずとも、優先順位や、辞める基準が見えてくる

続けたい理由や、大切にしたい気持ちも見えてくる
 
 


今のわたしにとっては、家族を大事にすること・恋人と家族になることが最優先課題かつ わたしの幸せの源

そのためには自分の心と体が元気でなくてはならない
 


 
会社が邪魔すると思い込んでいた
 
 
わたしの生活であれば140万円の貯金を作れば埼玉とか千葉で1年間一人暮らしできる

辞めてすぐハローワークに届け出れば失業の申請から100日後から失業手当をもらえるし、辞めて1か月後から週4で16:30~21:30の塾の受付事務(あるいは週4で17:00~22:00の喫茶店 ; 経験したアルバイトふたつ)をする前提だけれど、引っ越し・新居の敷金礼金込み、住民税も込みで 毎月美容院にも行ける。恋人と同居したら3~4万/月安く済むので準備は100万程度で大丈夫
 
と、計算までしたけど、結果として辞めない
 


1か月弱、ワガママと思われると思い込んで勝手に我慢していたことを、上司と会社が我慢する必要は全くないと判断してくれた。びっくりした、愚痴愚痴言っていたことが恥ずかしい
 


 
そうすると「続けたい」気持ちが「辞めたい」を一気に上回る

(もちろん 会社や業界に対して ヘンなの と思うことも溢れているけれど)

 


自分の感覚に従って自由に生きるために経済的に自立していたいし、就活(大きな決断)を失敗したと思いたくない


両親や祖父母に「どこでも通用する子に育てた」と思わせてあげたいし、恋人のご両親に「自立した素敵なお嬢さん」と思われたい


仕事を教えてくれた会社の先輩たちに成長を見せたいし、成果が出たときに恩師として名前を出して感謝をしたい
 
冬はあったかいところで寝たいし、水回りの臭わない住環境で生活したい
 
 


「続けたい」「辞めたい」の天秤の両方に毎日、ポンポン乗っかってくる


「続けたい」が重たいことを自覚していれば気持ちよく仕事ができると思う
「辞めたい」が重くなったら、どの要素が特に重いか見極めて改善策を探る
 
 
逃げ道(私の場合は退職後の生活;140万の貯金と恋人への宣言)を自覚していたから、ダメ元で相談ができたと思う
 
苦しい一か月だったけれど、得るものはとても大きかった

 


毎日頭と心の整理に付き合ってくれた恋人と同期には本当に感謝し切れません


『国のサイズと世界の安定』を読みました

「国のサイズと世界の安定」 池澤夏樹 (2011年11月) を読んで 腑に落ちたり疑問がわいたり

 

 

どうして日本はアメリカに振り回されているのだろう

 

 

アフガニスタン戦争の原因と聞かれて即答できる人は少ないだろう。タリバンの政府がオサマ・ビンラディンの身柄を渡さなかったことである。それを理由にアメリカは戦争を始めた」

 

そうだったのか と驚く。確かにタリバンは過激なことをしすぎた、けれど一人のために周辺地域を巻き込んで十年も戦争(ほぼ一方的な攻撃)をし続ける? 大きくなっただけの子ども 極まれりだ、知ってもなかなか納得できない

 

 

「アメリカの人口は世界の五パーセント弱に過ぎないのに、アメリカのふるまいは今もって世界の動向を大きく左右する。我々は振り回されている。なぜならばアメリカが一つの国として大きすぎるから」

 

いま、何が強さ あるいは脅威なのだろう。戦時中の日本(産めよ増やせよ)を考えると人口は少なくとも1つの要素だったけれど

お金? でも、だれかが「お金と石油(小麦/お肉) もう交換しません」ってお金の価値を認めなくなったら紙切れになってしまう。ギリシャは実際そうなったし、イギリス国民がEUを抜けたいって分かっただけでガクンガクン変動する相対的なものでしかない。

 

核兵器?5つの許された国と3つの非加盟の国と北朝鮮が持っている武器

確かに それを向けられると自国民と自国の経済が死んでしまうからこわいけど、でも実際どうなの?それを使うだけの理由が この世にある??だれかが核戦争を始めない限り、ないと思う

 

なんでアメリカに振り回されているのだろう

 

 

「改めて世界を見れば、同じようなサイズの国々が並び立っている地域はそれなりに安定している。今、南米に極端な対立はない。ヨーロッパはEUでまずまずまとまっている。アフリカ諸国は痛めつけられた状態で安定してしまったと言うべきか。

極端に大きな国がなければ、国同士は互いになんとか折り合いをつけてやってゆくのではないだろうか。人間にはそれくらいの知恵はあるのではないか」

 

2016年現在、EUは波乱万丈で イギリス vs EUとなりつつあるけど、今まさにEUがイギリスに対して大国的な振る舞いをし始めているから 池澤さんの考察には説得力がある

(言語と地理って共同体においてもっとも大切な2要素で、それがイギリスと ドイツ フランスとでは全然違う。EUで統一されたルールではイギリスにしわ寄せがいきやすかったのだと思う。日本における沖縄のように)

 

 

  

「では北朝鮮をどう考えよう

これもまた大国の問題である。ソ連と中国が大きすぎたのだ。この六十年間、もしも大国が隣になければ北朝鮮は存続できず、ある時点で南北対立は終わっていたのではないだろうか」

 

本来終わっているべきなのに、存続しているから北朝鮮の国民もずっと圧政に苦しみ続けている

(ひとの幸せ 不幸せを決める権利はわたしには無いので言えないけれど、苦しんでいることは事実と思う)

 

 

「この先、凋落するアメリカは必死で勢力維持を試みるだろう。そのどたばたに世界中が巻き込まれるだろう。その隙を突いて中国は台頭しようとするだろう。どちらも日本に近いのは不運なことである。中国は地理的に近く、アメリカは心理的に近い。

理想を言えば、両国がソ連のように分解してEU並みの緩い連盟になってくれるといいのだ

(中略)

実際には、アメリカを小さくする魔法、中国に野望を捨てさせる魔法は存在しない。この先十年も世界は大国に振り回されることになりそうだ」

 

 

これを5年近く前に書いている池澤さんを本当に尊敬する。歴史も情勢も識っている

まさに、アメリカではトランプ (ザ・アメリカン。大量消費で王様気取りで肥満思考)がフィーバーし、中国はロシアと組んでアメリカに余計な茶々を入れている。そして両方が日本の外交と経済政策を右往左往させている

 

 

 

アメリカと中国は確かに大きいけれど、だれかが「もう やめようぜ」って言ったら みんなスネ夫的な振る舞いをやめて自立するんじゃないかしら。世界中が疲弊してる

 

 

いじめっこが怖くて いじめに加勢しちゃった子も (はじめは興奮を楽しいと錯覚するかもしれないけど) 途中から罪悪感と自己嫌悪に苛まれて抜けたくなるでしょう

日本も 報復がこわいとか 次のターゲットになるのがこわいとか言ってないで、早く潔く抜けて、いじめに加勢したことを反省するべきだと思うけれどね

一国家 (ひとりの人間が集まって成り立っているもの) として