Have less Do more Be more

生きることは選択することだと思う。今の自分に何が大切か自覚していたい。常に世界に恋してたい

直感について

カンの正しさは経験量に比例する。経験という言葉は、体験とは区別されている


いろいろやってみて、その結果起こったことをぐぐっと自分の中に溜め込んで傾向としたものがカンで、閾値を越えると知識になる

整った言葉にはしづらいけれど、カンの良いひとでありたい。鍛えたい。

 

言語化する努力をすると、閾値に達するのが早まる気がする。個々の経験値に係数がつくような

 

言語化することが洞察なのかもしれない

両極は反対ではない。

 

相乗と補完のニュアンスの違いについて、わたしも考えたけど

遠からず近からず