試行錯誤と自己満足の繰り返し

インプット、ブレスト、選択、トライアル、バグ出し。選択が人生を作る。今の自分にとって何が大切か自覚していたい。

やる か やらないかの基準

 

本当に大切なことは、確定するまで大切なひとにしか教えない。自分の考えとして澄んだままの主張で、自分の意見を示したい。
 
わたしの両親は、わたしのやりたいことに反対するときは、丁寧に丁寧に意見や情報を示してくれる。わたしが納得して取り下げるように。
そして、やると決めて気持ちが戻らないことを知ったら、諦めて笑顔を見せてくれる。
 
一度対立した人が見せてくれる笑顔というのは、頑張らないといけないと思わせる、すごく大きなエネルギーになる。
 
親は偉大だ。
 
とっても申し訳ないと思う。育ててくれた人、愛してくれている人の立場にたった行動では無いと思う。
 
 
でも、ごめんなさいよりありがとうの気持ちが大きいから、やる。甘やかされているなあ。
 
 
ここまでは、両親に納得してもらうことにウエイトを置いていたけれど、ここからは、リスクを最小値に近づけて、リターンを最大化することに集中する。
 

2015/02/18 追記
わたしの両親による教育は、ケネディが良しとした教育に似ている

yes, you can do it, why don't you do it?

両親の想いを受けて「自分の目で見て、物事を自分で判断する資質が養わ」れているといいんだけど。

f:id:a96:20150218001957j:plain